前へ
次へ

損害賠償請求での金額とは

損害賠償ということになりますかいくらになるのかということを算出しなければならないということになります

more

損害賠償の金額相場に関して相談する

相手に対して損害賠償を請求する時は、金額に関する悩みが生じてしまう事があります。
例えばある時

more

損害賠償保険の利用における注意点

現在はもしもの時に備えたいろんな保険商品がありますが、その中でも損害賠償保険はあまり注視しない方が多

more

事業活動を行うなら損害賠償保険を

事業活動を行う場合、万が一のための損害賠償責任に備える保険商品を契約するのが安心です。
さまざまな保険会社がさまざまな保険プランを持っていますが、主なものを紹介します。
まず、社会の注目が高まっている生産物賠償責任保険があります。
これは製造販売業や工事業が備える保険で、自社商品のPL事故や対人対物事故などに備える保険です。
例えば食の安全意識が高まっていますが、飲食店での食中毒なども該当します。
工事現場などであれば、工事物の落下や倒壊などによる第三者への賠償責任を補償する商品が必要でしょう。
請負業者には特化した保険が用意されている場合も多く、土木工事や清掃作業など、各種工事や作業の遂行中に発生する対人対物事故に備えることができます。
資材置場などの管理不備による賠償リスクもありますので、損害賠償金だけでなく訴訟費用などの補償もされれば安心でしょう。
施設賠償責任保険という商品は、主に施設管理や仕事の遂行に伴う対人対物事故に備えるものです。
例えば、不特定多数の人が常に出入りする大規模商業施設や映画館、テーマパークなどでは、さまざまなトラブルが予測できます。
火災などで誘導ミスによるケガや、飲食店での給仕中の火傷など、従業員側が訪れる第三者に対して賠償責任を持つケースは多数考えられます。
こうしたリスクを補償し、被害者への賠償金だけでなく訴訟費用なども補償する商品なら安心です。

名古屋のペーパードライバー必見
自動車に乗れるようになると、世界が広がりますよ。

集客を代行する東京のマーケティングファーム

ITに疎くても結果を残せるインターネット活用方法
インターネットが苦手な経営者でも結果は必ず残せます。

WEB集客を東京で依頼しよう!
必要な方法や知識について解説しています。

また、現代だからこそ備えたいのが、サイバーリスクに対する賠償保険です。
例えば自社ネットワークの管理や使用において発生した不測の事態では、情報漏洩やデータの破損など法律上の賠償責任が発生するケースもあります。
不正アクセスに起因して発生するものでも一定の責任を問われる場合がありますので、損害を包括的に補償する保険商品は心強いでしょう。
事業がグローバル化するにつれ、備えるべき保険も変化してきています。
海外に製品を輸出する際は、海外でのPL訴訟リスクに備えることが急務でしょう。
海外での訴訟に巻き込まれた場合、自社だけで解決に導くのはかなり難しくなります。
そうした場合、保険会社が変わって応訴し、示談交渉まで行ってくれる保険があれば海外展開も安心です。

Page Top